巡回検診(健診)なら全日本労働福祉協会、健康診断と企業検診(健診)のパイオニア、東京、青森、山形、群馬、茨城、長野、愛知で全国展開

全日本労働福祉協会
〒142-0064
東京都品川区旗の台6-16-11

03-3783-9411(代)
問い合わせフォーム | HOME | ご あ い さ つ | 沿 革 ・ 理 念 | 実 績 | 情 報 公 開 | 支 部 紹 介 ・ 交 通 案 内 
個人情報保護方針
健康診断に関する様々な疑問から、企業健診の実際と運用まで、健診担当者様のご質問にお応えいたします。

作業環境測定

「作業環境の実態をは握するため空気環境その他の作業環境について行うデザイン、サンプリング及び分析(解析を含む。)をいう。」と労働安全衛生法第2条に定義されています。

作業環境測定のルール



作業環境測定の実務




A測定
気中有害物質濃度の平均な状態を把握するための測定です。測定点は無作為(ランダム)に抽出する必要があるため、一般には等間隔(原則として6メートル以下)に選びます。

B測定
A測定を補完するための測定で、有害物質の発散原に近隣する場所における作業のうち、有害物質の濃度が最も高くなると思われる時間に、その作業が行われる位置において測定を実施します。


作業環境測定のために必要で、作業環境管理の対象となる区域です。
主として次の判断基準により決定されます。
①作業場所の行動範囲  ②有害物質の分布状況

作業環境測定対象作業場と測定の種類

 詳細はこちら

作業環境測定のお勧め

 詳細はこちら











Copyright(c)
東京都品川区旗の台6-16-11
一般財団法人
全日本労働福祉協会
All rights reserved
produced by FARO