巡回検診(健診)なら全日本労働福祉協会、健康診断と企業検診(健診)のパイオニア、東京、青森、山形、群馬、茨城、長野、愛知で全国展開

全日本労働福祉協会
〒142-0064
東京都品川区旗の台6-16-11

03-3783-9411(代)
問い合わせフォーム | HOME | ご あ い さ つ | 沿 革 ・ 理 念 | 実 績 | 情 報 公 開 | 支 部 紹 介 ・ 交 通 案 内 
個人情報保護方針
健康診断に関する様々な疑問から、企業健診の実際と運用まで、健診担当者様のご質問にお応えいたします。

特定健診・特定保健指導とは

糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病が増えています。これらは、食生活の見直し、適度な運動などで予防できることが分かってきています。このような背景のもと、平成18年の医療制度改革において、平成20年4月から、健康保険組合、国民健康保険などに対し、40歳以上の加入者を対象としたメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健康診査(特定健康診査)および保健指導(特定保健指導)の実施が義務付けられています。

これまでの健診は、個々の病気の早期発見・早期治療を目的にしたものでした。特定健康診査は、メタボリックシンドロームに着目した健康診査です。内臓脂肪の蓄積を把握することにより、糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病の予防を図ることを目的としています。

特定保健指導は、特定健康診査の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、生活習慣を見直すサポートを行うものです。特定保健指導は、リスクの程度に応じて、「動機付け支援」と「積極的支援」に分類されます。


健診機関情報詳細一覧
保健指導機関情報確認



Copyright(c)
東京都品川区旗の台6-16-11
一般財団法人
全日本労働福祉協会
All rights reserved
produced by FARO